‘未分類’ カテゴリー

気になる額や頬・エラは髪型でカバー

小顔が可愛い、小顔がモテる、というような考えが一般的になっていて、現代の若い女性は特に小顔に見せるためにあらゆる手段を使っています。
ぽっちゃりしている人は痩せれば多少小顔になりますが、どんなに痩せてももともとの輪郭によっては小顔に見せるのが難しいという方もいるでしょう。
そういった方はメイクや髪型などで対策をうつしか手段はありません。
髪型というのは、人の印象を大きく変えるものですから、これを利用するのはとても良いことでしょう。
エラがはっている、顔が四角い、角ばっているという方は、短すぎるショートヘアでもなく、ロングヘアでもなく、ボブからセミロングくらいの長さにするのがおすすめです。
顔の側面にレイヤーを入れてエラや角ばった部分を隠すことで、小顔に見せるのが可能になります。
また、ボブであれば、完全に隠すのではなく、顔の横を這うような形で半円を描く形にカットしてもらえば、そのラインが輪郭のような役目を果たしてくれ顔全体をシャープに見せてくれます。
仕事上そのような髪型が出来ない、どうしてもまとめなけらばならないという場合は、髪の毛の横の部分を少しでも残してアップにするのがよいのではないでしょうか。

付けまつ毛で顔の余白を埋める

顔のパーツの部分において、目の印象というものは非常に大事なところであります。
目にインパクトがあると、とても魅力的に感じるものです。
そのためには、印象的な目元をつくる必要があります。
それに必要なアイテムがお化粧品であり、アイシャドーでインパクトをつくります。
さらにまつ毛をビューラーでカールしたならば、そこへマスカラをたっぷりとつけます。
それでかなり印象的な目元に仕上がるのですが、よりインパクトのある目元を望むならば付けまつ毛を使用するという方法があります。
付けまつ毛は、いろいろな長さが売られており自分の好みによって選ぶことができます。
それをつけることにより、とても印象的な目元が演出できる効果があります。
また、付けるときの注意点としましては長ければよいというものではなく、長すぎるとかえって目が小さく見えてしまう結果になることがありますので自分の顔のパーツと合わせて使用することが大切になります。
最近では、まつ毛の根元に人口のまつ毛を植え込むという方法もありますが、それにはいろいろとささやかれておりますし安全で安心してできるものである付けまつ毛を優先した方がトラブルもおさえられるというものです。

ハイライトでメリハリのある顔にする方法

顔がのっぺりとしている人や、外国人のようにメリハリのある魅力的な顔を手に入れたいと願っている人は、ハイライトを日々のメイクに活用するのがおすすめです。
方法は簡単で、化粧下地やファンデーションでベースメイクが完成した後に使用します。まず鼻筋に一本光が通ったようにするためにブラシをさっと走らせます。その後頬の内側部分に逆三角形になるようなイメージでピンクパール系のハイライトを入れると表情を明るくすることが出来ます。ブラシに少しパウダーが余った状態でおでこやあごの先などに少しハイライトをつけるとメリハリになり立体感のある顔を手に入れることが出来るでしょう。
ナチュラルな輝きが好きならば淡いピンク系を選ぶと良いでしょう。よりメリハリ感を強く出したい時はホワイト系のカラーがおすすめです。
また、パウダー状やクリーム状など様々なタイプが販売されており、それぞれ肌に塗った時の質感に違いがあるため、ドラッグストアやビューティーカウンターなどでテスターを使用して確認してから購入すると間違いがありません。
自分の肌色やなりたい顔のイメージにあわせて購入するのがおすすめです。のっぺり顔から卒業したい人にはマストアイテムといえるでしょう。

メイクのもたらす小顔効果

エラ張りや顔全体が大きくて悩んでいる女性におすすめなのはメイクで小顔効果を得ることです。ちょっとした工夫をするだけで素顔の時よりも顔を小さく見せることが出来ます。
必要なのはハイライトとシェイディングパウダーの二つだけです。どちらも高価なアイテムでなくても構わないため、自分の肌に馴染む色をチョイスすると良いでしょう。
まずメイクで大切なことは顔のメリハリを強調して、立体的にするということです。エラなどのフェイスラインの大きさが気になる場合は、ファンデーションよりもワントーンかツートーンほど暗めの色のシェーディングをブラシに取り、ラインを縁取るようにさっと付けて行きます。おでこの生え際部分も塗っておくと面長解消に効果的です。
次にハイライトを使って鼻筋部分やおでこの部分、目の下と頬の内側部分を明るく強調します。そうすると顔の中に光が当たって明るくなる部分と暗くなる部分が出来上がり、顔を立体的に見せる効果を得られるのです。
小顔になりたいという気持ちが強すぎてやりすぎてしまうと舞台メイクのようになって失敗するため、自分では分からない程度の薄さで塗っていくと良いでしょう。
小顔が気になる人は少しの出費で手軽に行える対策なので、一度試してみると良いでしょう。

かっさマッサージの効果と特徴

肌にハリがなくなってきた、ちょっとでも小顔になりたい、という方は、かっさマッサージに挑戦してみましょう。
かっさマッサージは顔だけでなく、身体にも行うことができます。やりかたは、かっさプレートで皮膚をこすり、経絡の流れをスムーズにして、体内の気・血・水の流れを整えていくのが特徴です。このマッサージは、経絡というだけに、中国の民間療法です。経絡というのは、経は経脈(縦の脈)を、絡は絡脈(横の脈)を表しており、古代中国の医療で、人間の身体の中の代謝物質の通り道として考えられたものです。この経絡の流れに沿って皮膚をこすっていくのがかっさマッサージです。顔のかっさなら、基本的に下から上、内から外に向かってこすります。身体のかっさなら、腕と脚の場合、外側は上から下、内側は下から上に向かってこすります。
これにより、滞った気・血・水の流れ、つまり代謝物質の通り道を整えることができ、新陳代謝を促し、老廃物の排出をサポートすることができます。効果として、顔のたるみが改善されることで目が大きくなる、肌のツヤが良くなる、化粧ノリが良くなる、風邪予防、冷え、むくみ、便秘解消など、全方位的に身体の調子の改善が望めます。
もちろん、顔のたるみが改善されることで、フェイスラインがすっきりし、小顔化にも効果があります。脚にマッサージすると、むくみがとれてラインがすっきりします。プレート1枚でできるマッサージ、ぜひやってみましょう。

顔型で違う大顔になりやすい場所

人の顔の形はいろいろあります。
一般的に顔の形は、丸顔・ベース顔・逆三角顔などに分けられます。形によっていろんなコンプレックスを抱える事がありますが、実はたるみやすい場所もそれぞれ異なってきます。
まず丸顔ですが、基本的には若く見え、いつまでも可愛らしい印象を与えます。男性からも人気のある顔の形です。
しかしふっくらしたほほの筋肉は落ちやすく、一たびたるんでしまうと随分顔の印象が変わっています。
脂肪がつきやすく、二重あごにもなりやすい傾向にあります。
次にベース顔ですが、実は顔の形で一番たるみにくいとされています。ただし全くケアが不要という訳でもなく、口元に負担がかかりやすいので、ほうれい線ができないようにケアする事が大切です。
逆三角顔は涼し気で凛とした印象を人に与え、さらに女性の多くが憧れる顔の形です。
若い間は良いですが、加齢と共にほほや口元がたるみやすくなります。また、口角が下がらないようにするのも大事です。
顔の形は生まれ持ったものなので、改善しようがありませんが、たるみを防ぐ事は誰でも可能です。
自分の顔のたるみやすい場所を重点的に、早め早めの対策を行う事で、いつまでも若々しい雰囲気を維持する事が出来るのです。

母音発音トレーニングとは

ボイストレーニングの基本となるのが、母音発音トレーニングです。
やり方としては、「あいうえお」の口の開き方を覚えることから始めます。
「あ」は、下顎を開き、舌の中央の下部に力を入れます。
「い」は、顎を開かずに口を横に引っ張る形にして、舌先を上顎に近付けるようにします。
「う」も、顎を開かずに唇をすぼめて声を出します。
その際、舌の奥が盛り上がるようにしましょう。
「え」は、「あ」と「い」の間くらいに顎を開き、舌の前のほうに力を入れます。
「お」は、「え」と同じくらいに顎を開き、唇をすぼめて、舌の奥を盛り上げます。
滑舌が悪い人は、「い」の形だけで喋っていることが多いため、まずは正しい口の開き方を身に付けてください。
これらができるようになれば、母音を音読していきます。
最も簡単な方法は、普段使っている言葉をすべて母音に置き換えて発音するという物です。
「こんにちは」は「おんいいあ」、「食べられません」は「あえあえあえん」という感じです。
慣れてきたら、徐々に長い文章に挑戦してみましょう。
これは、早口言葉ではないので、ゆっくりでいいですから1音1音を丁寧に発声することを心掛けてください。
このトレーニングは場所を選ばないので、毎日コツコツと続けましょう。

フェイスヨガで顔の贅肉を落とす

体は細いのに顔だけぽっちゃり、太ったら頬にも肉がついた、まぶたに肉がたっぷりついて目が小さい等々、顔の贅肉の悩みは多いものです。
食事制限や有酸素運動、ストレッチで痩せても顔はそのままだった、なんてこともあります。
でもご安心を。
顔には顔の痩せ方があるんです。
フェイスヨガという言葉を聞いたことがありますか。
顔には表情筋と呼ばれる30種類以上の筋肉があり、それが交互に作用して目や鼻、口を動かしています。
複雑な表情を作れるのも、この表情筋のお陰なんです。
さあ、表情筋を鍛えて小顔を手に入れましょう。
やり方は簡単です。
頬を思いきりプーッと膨らませます。それを10秒キープ。注意点は、おでこにシワがよらないよう気をつけること。
これを3回繰り返します。
頬についた丸い贅肉とさようならするフェイスヨガです。
気になるほうれい線にも効果があります。
日本人は表情筋の20%しか使っていないそうです。
表情筋は、使わないでいるとどんどん弱り衰えてしまいます。
フェイスヨガで血流やリンパの流れを良くすると、むくみが解消されます。
またシミやシワにも効果的で、目力もアップします。
お金も時間もかからず、ひとりでこっそりできるので、今からさっそく始めてみませんか。

顔痩せには表情筋を鍛えるのが効果的

顔に脂肪がついたり皮膚がたるんで下膨れになっているときなどは、表情筋と呼ばれる顔にある筋肉を意識して鍛えることで顔やせを手に入れることが出来ます。
特に普段喜怒哀楽を表情であまり表現しない人は効果を実感しやすいのでおすすめです。
まずは目元や口元など、普段動かさない箇所を重点的に行います。左右にゆっくりと動かしたり、大きな口を開けて筋肉を上下左右あらゆる方向へ動かしましょう。他人が見たら驚くような顔になっていることも多々ありますが、鏡を見ながら筋肉がしっかりと動いているのを意識して行いましょう。
普段表情筋をあまり動かさない人ほど、一回目のトレーニングで感じる疲労感はとてもあります。痛みを感じることもあるため最初は無理をしないで軽めに鍛えることがトレーニングを長続きさせるコツです。
表情筋を鍛えると筋肉の力によって顔の肉をリフトアップする効果と、血行が促進されて老廃物などの排出がスムーズに行われるため、たるみを改善する効果があります。
お金をかけずにどこでも簡単に行える顔やせトレーニングなので、体力が無くても時間が無い忙しい人にもおすすめです。
舌を突き出して左右に大きく動かすだけでも首元から顔やせすることが出来るので効果バツグンです。